Architectural example

それぞれのライフスタイルを
尊重した間取りに、
各階ごとにテーマを設けた
三階建て・二世帯の住まい。

A様邸

自然素材がスタイリッシュな外観

各バルコニーの上部にあしらわれた木やタイルなどの自然素材がスタイリッシュな外観に温もりを添えている。

廊下には整然と靴が並ぶ収納を造作。正面には消臭効果も高いエコカラットを贅沢に採用。

2階の窓から
光が差し込むリビング

1階は高級感、お兄様ご夫婦が暮らす3階はカフェ風と各階にテーマを設定。厚みのある無垢の床やキッチンの天井に施された木、間接照明が上質感を漂わせる。廊下、ダイニング・キッチンから一段下がったリビングは同社の「なんば住宅博」のモデルハウスがお手本。

2階ホールより1階を見下ろす。「間仕切りのない大空間と大きな吹抜けのおかげで、とても開放的で毎日気持ち良く過ごせています。」とA様。

将来のことを考え、ホームエレベーターを設置。壁と同じ色で統一されているのでインテリア性も高い。

それぞれのライフスタイルを
尊重する間取り

お母様の部屋の隣に用意された、和風のオープンな空間。お友達が来られた際などもここでおしゃべり。床下の照明は安全面とデザイン性の両方に配慮されて取り付けられた。

2階のお母様の部屋もインテリアにはこだわり、家具やカーテンをお気に入りのインテリアショップでコーディネート。

オープンキッチンはリビングの
ご家族との会話も弾む

「ふらっと訪れたモデルハウスで一目惚れ。ダブル断熱の性能の良さを日々実感。」
A様が同社を知ったきっかけは、ふらっと訪れた『なんば住宅博』での出会い。最初は他のハウスメーカーの家を見るつもりで出かけられたが、なんば住宅博で見た『ダウンリビング』や無垢材を贅沢に使った空間の心地よさに一目惚れし、ほぼ即決で2世帯住宅を建てることを決意。
1階はリビングとウッドデッキをつなげて内と外に一体感を持たせ、大きな吹抜け上部にはハイサイドライトを設けるなど、開放感にあふれた空間づくりが印象的なA様邸。
「樹脂サッシの複層ガラスのおかげか、外が30度以上あっても、サッシが全然熱くなっていないことにビックリ。今年の冬は暖かく過ごせそうで、楽しみにしています。また、空気が常にきれいなことも大きな魅力。料理のニオイも残らないのがとても嬉しいですね。」

二世帯イメージ

二世帯住宅

外断熱で三世代に快適

健康、快適、ずっと安心な住宅性能に加え、
コミュニケーションを図る仕掛けまで、
外断熱が二世帯家族を優しく包みます。

詳しく見る