こだわりの性能

Commit

熱伝導率業界No.1の断熱材でトップクラスの断熱性能

※弊社施工プランにより算出。プランにより異なります。

断熱性能業界No.1※1のZ1(ジーワン)ボードを採用しています。

高い断熱性能・気密性能を保つには結露など湿気の影響による断熱性能の低下(劣化)を起こしにくい断熱材を選ぶ必要があります。
そこで小林住宅は断熱材の中でも特に湿気を通さず、
TOPクラスの断熱性能を持つ
硬質ウレタンフォームを採用しています。
※1 日本国内で上市されている硬質ウレタンフォーム断熱材製品における比較
(2021年1月末アキレス(株)調べ)
硬質ウレタンフォームとは
硬質ウレタンフォームの特長
硬質ウレタンは、発泡させたスポンジ状の断熱材で、細かな独立気泡で形成されたプラスチック発泡体です。
気泡に含まれるガスが熱の伝導を抑えます。
  • 1製造時に面材の間で発砲させ、圧力でくっつくため、
    気泡も少なく、はがれにくい
  • 2湿気に強い
  • 3熱痩せしない
  • 4耐久性が高い

熱伝導率0.018W/(m・K)の業界No.1断熱材「Z1(ジーワン)ボード」

硬質ウレタンフォームには様々な種類がありますが、小林住宅で採用しているのはアキレスの「Z1( ジーワン)ボード」。住宅の業界で使用される断熱材としては、No.1の熱伝導率を誇ります!
現在の断熱基準の最高等級『断熱等性能等級4』はもちろん、ZEHHEAT20など、さらに進んだ基準を
標準仕様でクリアしています。
熱伝導率とは・・・両側で1℃の温度差がある厚さ1mの物体を、単位面積あたり1秒間に流れる熱量のこと。
この数値が少ないほど、熱を通しにくく、性能のいい断熱材ということになります。
※地域や仕様により変更となる可能性があります。
Z1(ジーワン)ボードはグラスウールの
約2倍の断熱性能!
Z1( ジーワン)ボードについて
最先端技術による新開発の硬質ウレタンボード
Z1( ジーワン)ボード

セル構造を従来品より一層微細化することで
断熱性能を向上

遮熱性能に優れた赤外線高反射タイプのアルミ箔面材を採用。
表裏両面にアルミ箔を使うのはZ1(ジーワン)ボード・Q1(キューワン)ボードだけ。
(一般的なウレタンフォームにはアルミ箔は付いていません。)

Z1( ジーワン)ボード
上図上図はジーワンボードと同じアルミ箔面材を使用するキューワンボードについて実施した試験の結果です。
このように、高性能フォームの高い断熱性能と併せることで、さらに大きな省エネ効果を発揮します。