こだわりの性能

Commit

気密性の高い超断熱住宅なので
冷暖房費が削減

冷暖房費を57%削減
※注1 住宅性能表示基準:省エネルギー対策等級:Kurumu仕様・等級4
    :フラット35仕様・等級2仕様との比較
※注2 財)建築環境・省エネルギー機構 住宅用熱負荷計算プログラム「SMASH」ソフト使用
※シミュレーション・木造在来工法2階建 1階床面積:62.93㎡ 2階床面積:57.14㎡ 延床面積:120.07㎡
※注1 住宅性能表示基準:省エネルギー対策等級
    :Kurumu仕様・等級4
    :フラット35仕様・等級2仕様との比較
※注2 財)建築環境・省エネルギー機構 
    住宅用熱負荷計算プログラム「SMASH」ソフト使用
※シミュレーション・木造在来工法2階建 1階床面積:62.93㎡
 2階床面積:57.14㎡ 延床面積:120.07㎡
ランニングコストを抑え、省エネを実現
差額は、124,561÷12カ月≒10,380円
つまり
月々を10,380円の減額
※自立循環型住宅ケーススタディモデル(一般モデル)にて比較、
 シミュレーション

理由1

エアコンOFF後も快適な温度を持続します。
エアコンOFF後寒い冬でも約20℃をキープ
※【調査条件】
  滋賀県草津市 外断熱の家「Kurumu」モデルハウス
 エアコン設定温度24℃
 2007/11/24 22:15~ 11/25 10:15
屋根、壁面、基礎部分までウレタンやポリスチレン系断熱材を使用し、全体をすっぽり包む外断熱工法で高い気密性を実現。
魔法瓶のように快適な温度を持続させることが可能です。

理由2

家1邸あたりのエアコンの台数を減らせます。
エアコン1台で36.78をカバー
※【調査条件】木造2階建 73.56坪 エアコン設置台数 2台 18畳用
エアコンの台数が減れば光熱費もダウン
展示場にてお確かめください

小林住宅の展示場は
エアコン稼働台数1台のみ。
空気の性質(温度が高い時は上へ、
低い時は下へ移動する性質)
を利用して、
夏は2階のエアコンで、
冬は1階のエアコンだけで
約73坪(146畳)をまかなっています。

展示場で他社の
室外機を比べてみました
  • 小林住宅73.56坪 2台 /1台あたり36.78坪
  • D社101.45坪 11台 /1台あたり9.22坪
  • E社69.32坪 7台 /1台あたり9.90坪
ZEH 経済産業省、国土交通省、環境省が
連携して住宅の省エネ・省CO2化のために
推進している取り組み

小林住宅が提案する
ZEH「ネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス」とは

※以降ゼロ・エネルギー・ハウスという
住宅の断熱性能を上げ、消費するエネルギーを抑え限りなくゼロにする
超高断熱住宅のこと
住宅メーカー等が商品化を進めており
小林住宅の建物は2000年で既にクリア

「ゼロ・エネルギー・ハウス」の定義

強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(夏季日射熱取得率(ηA値)、気密・防露性能の確保等の留意事項))を満たした上で、各地域ごとによるUA値に該当すること。関西地域はUA値0.6以下が基準なのに対し、
小林住宅は、UA値0.33※と北海道の基準を上回る数値
となっております。
関西地域UA値基準0.6W/㎡Kとは…
※外皮平均熱還流率UA値は、改正平成25年の基準を上回ります。
※UA値の数値については、「ダブル断熱工法」で測定した数値です。

省エネ新基準の地域区分

太陽光発電の設置コスト削減

気密性の高い超断熱住宅なので太陽光発電の設置コストを削減することができます。
  • 例えばUA値が0.1下がると、0.3kwの必要発電力を削減

  • 必要発電力が下がると、太陽光パネルが小さくできます

消費するエネルギーが少なくて済むので、
屋根も太陽光発電パネルも
小さくてもOKです。
さらに小林住宅は、
初期費用0円で太陽光発電を設置できる
プランがあります。