こだわりの性能

Commit

ハウスメーカーの中で気密性No1

※弊社施工プランにより算出。プランにより異なります。

気密性能とは

せっかく断熱性能の高い住宅を設計しても、施工時に隙間が少ない家を造らなければ計画通りの断熱性能を発揮できません。
そこで求められる『施工時の隙間の少なさ』気密性能であり、実際に小さい隙間できっちりと施工された建物、それが高気密住宅です。

■ 気密性能が高い家

  • 断熱性能を発揮!
  • 熱の無駄(漏気)がないので冷房・暖房の効率UP!
    冷暖房にかかる光熱費を削減
  • 室内の空気の流れを計画できる。
    家中温度差が少ない快適な住まいを実現

■ 気密性能が低い家

  • 冷暖房の効率が低下!光熱費がかかる。
    夏は暑い外気が隙間から入ってくる、冬は室内の暖かい空気が外部に漏れる。
  • 24時間換気が機能しない!
    漏気やショートサーキットが発生するなど計画通りに空気が流れず、換気にムラができる。
  • 壁内で結露が!
    隙間風による温度差が原因で結露が発生します。
    ダニ・カビの発生による健康被害はもちろん、住まいの構造躯体の劣化を招きます。
  • 汚れを取りこんでしまう。
    黄砂や花粉、PM2.5などが室内に入ってくる。

住まいも健康であることで、
長く快適に住むことが出来ます。
省エネで環境にやさしい
長寿命住宅を考えるうえで
気密性能は重要です。

気密性能の基準C値は、小さいほど隙間が少ない高気密住宅

気密性能はC値という基準で表されます。これは家全体の外部との隙間の面積(㎠)を家の床面積(㎡ )で割ったもので、隙間相当面積とも言い㎠/㎡で表現されます。大事なのは、C値は計算で求めるのではなく、工事現場で測定によって求められるということです。

数値が小さい程、建物の隙間が少なく気密性能が高いことを意味するだけでなく、施工技術そのものの高さも表しています。

しかし、2021年の段階で公的な基準はありません。
平成4年(1999年)に改定された『次世代省エネ基準』には規定があったのですが、平成21年(2009年)の省エネ法が改訂された際に『削除』されてしまったのです。

全邸気密測定を行うこだわり

小林住宅では気密性能は高性能住宅に必要と考え、
全ての住宅で気密測定(C値の測定)を実施
お客様にご確認いただいております。

小林住宅はハウスメーカーの中でNo.1の気密性能!

気密性の高い住宅をつくること。
その意味を正しく理解し、長年にわたって培われた小林住宅の気密性能は平均C値=0.15㎠/㎡
その隙間、わずか名刺半分以下です。

今、見直されているC値

現在、省エネで快適な住まいへの関心とともに気密性能の重要性が見直されつつあります。
特に建物の隙間から漏れる空気(漏気)と、換気効率や冷暖房効率との関連性についての研究も進んでいます。

換気についてはコロナの影響もあり、より身近な話題となっていますが、効率のよい換気を行うためには少なくともC値=1.0㎠/㎡ 以上の性能を、さらにC値=0.5㎠/㎡ より優れた気密性能が求められるようになってきました。

小林住宅では今後も、ご建築頂く全てのお客様に健康で快適な住まいをご提案していくため、全ての住宅での気密測定の実施の重要性を発信していきます。