こだわりの性能

Commit

結露対策で人にも家にも
優しい住まい

気密性の高い超断熱住宅「Kurumu」は、家の『骨』である構造躯体の劣化を防ぎます。

外断熱工法「Kurumu」は、外気温と内気温がぶつかるのを防ぎ結露を抑えることで、アレルギーやぜんそくなどの
原因になるカビやダニの発生を防ぎます。家族の健康を守り、構造体である柱や土台を守り、住まいの耐久性を高めます。
家の寿命を左右する原因の一つとして、壁内結露の問題があります。
湿気を通しやすく保水性のある断熱材を使用する〝内断熱工法〟では湿気が断熱材を通り抜け、
温度差があれば結露(壁内結露)が発生します。壁内にしっかりと通気性がなければ、結露が乾かずカビやダニの
原因となり、断熱材は断熱性能を失い、カビは柱や土台など構造躯体にも発生して家を劣化させてしまいます。
新築時にいくら構造材や耐震性を高めたとしても、壁内結露によって何年後かには従来の性能を発揮できなくなってしまうのです。
  • 悪影響1
    アレルギーの原因の一つカビ・ダニが壁の中に発生!!
    壁内に結露が発生し、築4年のモデルハウスでも断熱材にカビが発生
  • 悪影響2
    躯体寿命・耐震性の低下!!
    断熱材のカビが悪化すると、カビは構造躯体にも発生
    家の寿命を脅かす原因に
小林住宅ではこのような悪影響のリスクを
最大限に抑える工夫を施しており、
家族が安心して暮らしていただけます。

シロアリ対策はタームガード(省薬剤)
工法を採用

長寿命を実現するためにシロアリ対策も高次元で対応。

タームガードシステムとは建物周囲の土中に埋設した薬剤注入用のパイプから、地中に防蟻薬剤を注入するシステムです。施工範囲が土中にあるため、居住空間内部に塗布した薬剤の揮発といったシックハウスの問題にも対応した画期的なレスケミカル工法です。

※仕様により異なります。
タームガードシステムの
メリット
  • 1.専用の注入口から防蟻薬剤を注入するシンプル施工のため、薬剤の効力が失われる5年サイクルの再施工を外部から簡単に行えます。
  • 2.建物内部に薬剤を注入/塗布する従来の方法と異なり、再施工時でも新築時と同様の範囲・効果をもった施工が可能です。
      継続することで半永久的に新築時と同様の効果でシロアリから住まいを守ることが出来ます。
  • 3.床下を含む居住空間に薬剤を散布しないため、揮散した薬剤が居住空間に侵入するといったシックハウス問題に対応している安心・安全の工法です。
小林住宅の外断熱工法との相性も抜群です
日本の住宅にとって床下空間は外部からの湿気や、シロアリの進入への対策が最も必要な場所の一つです。
小林住宅の外断熱住宅では床下空間も断熱材で外気から遮断し、澄家換気システム(*1)で室内と同等の快適な状態を保っているため、
シロアリや湿気の侵入の心配がありません。床下への防蟻処理材の使用や防蟻薬剤の散布の必要がないので、
小林住宅の家とタームガードシステムの相性は抜群です。
防蟻対策は継続が大切です。
だから、人にも家にも低負担で
防蟻再施工できる工法を採用しました。

小林住宅の構造は次世代集成材「ハイブリッド・ビーム」を採用

耐震性・耐久性を第一に考え、軽くて強い「ハイブリッド・ビーム」を
全ての構造材に採用し、安心・安全な住宅を実現。
温暖化の影響などで外国産針葉樹の供給が低下し、高強度木材が希少となっています。
それに比べて日本の森林蓄積量は年68,000千m3のペースで増加し、現在の5倍の量を使っても森林量は維持できるので、
質の良い木材を安定して使用することができるのです。
メリット1
無垢材は育った環境などによって強度にバラツキがありますが、集成材は「強度性能」による評価のため全ての住宅に均一な品質を実現。
【ハイブリッド・ビームは一般的に普及しているホワイトウッドやレッドウッドの集成材より貴重なうえ強固。】

<梁、桁等(異等級構成※)の強度性能>

メリット2
最も応力負担が大きい外層部には、強くてたわみにくい米マツを使用し、応力負担の小さい内層部に軽くてねばり強い国産スギを使用。
米マツとスギの良いとこ取りをし、軽くて強いハイブリットな集成材を実現。

<ハイブリッド・ビームのラミナ(ひき板)構成例>

「ハイブリッド・ビーム」は
信頼性のある固産材を使い
輸送時のCO²削減に
貢献し環境にも配慮しています。

構造計算で最高等級の
「耐震等級3」を標準仕様

⼩林住宅では、地震に強く、ずっと安⼼して⻑く暮らせる家を提供するために
2階建て住宅も含めて一邸一邸「構造計算」を実施し、最も厳しい基準をクリアした「耐震等級3」の耐震性能です。

地震大国の日本で家を建てるには、耐震性能を無視することはできません。
阪神大震災相当の1.5倍の強さの地震でも対抗できる耐震性が「耐震等級3」に値します。
木造2階建て以下の住宅では構造計算が義務化されていないため、「耐震等級3相当」と謳われている住宅も少なくはありません。同じ構造部材を使用していても、開口部など間取りが異なると耐震性も異なります。
いつまでも安⼼して暮らすためには、一邸ごとに構造計算が必要と考えます。 ※仕様により異なります。