関西 外断熱住宅 供給実績No.1!※ | 毎日快適な外断熱の家【小林住宅】

  • 資料請求
  • 来場予約

小林住宅の「外断熱工法」に関するQ&A

結露について

気密性が高いと、家の中で結露するのではないでしょうか?

「気密だから結露しない」換気システムが採用されています。

例えばマンションなどは大変気密性の高い住宅ですので、湿気の逃げ場がなく結露がよく発生します。また他にも原因があり、コンクリート造のマンションであれば、そのコンクリートが施工後数年にわたり水分を放出し続けている上、充分な計画換気が行われていない状態で、しかも室内に温度差の発生する部分があれば結露を起こして当然といえます。

これは一戸建ての住宅でも同じことがいえ、室内で多量の水蒸気を発生させたままにしたり、石油ストーブなどで灯油を燃焼させる(灯油を燃焼させると水分が発生します)と、換気が不十分であれば、どうしても結露を起こしがちになります。また、普通の生活をしていたとしても、4人家族のご家庭であれば1日に約10リットルの水蒸気が発生しているといわれ、そのうち約半分は人体から自然発生していますので、やはり湿気対策は必要なわけです。

家の中で結露が起こらないようにするには、隙間だらけの家にして隙間から水蒸気を追い出すか、家の各部屋の温度をほぼ一定に保ちながら余分な湿気を計画換気で外部に排出するしかありません。

当社の「本格・外断熱工法」では、隙間を少なくして全館冷暖房(家の中に温度差をつくらないこと)を可能にした上で、24時間換気システムを採用して常に余分な湿気を追い出していますので安心です。また、壁の断熱はもちろんのこと、窓ガラス・サッシなどにおいても断換性能の高い製品を標準装備しておりますので、普通の生活をしていれば結露の心配はほとんどありません。

壁内結露について、もっと見る

外断熱工法「Kurumu」についての質問・お問合せ

外断熱工法で出来た家だと、どんな生活が出来るのか?普通の家にないメリットとは?
そもそも外断熱住宅って何?という疑問に、分かりやすくお答えいたします!お気軽にご質問ください。
質問・お問合せを送る

×

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容
この内容をHPに掲載してもよろしいですか?

関西の注文住宅・外断熱の家は小林住宅。 | 関西の注文住宅・鉄骨住宅・木造住宅・外断熱の家「Kurumu(来夢/クルム)」の小林住宅
COPYRIGHT c KOBAYASHIJUTAKU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.