関西 外断熱住宅 供給実績No.1!※ | 毎日快適な外断熱の家【小林住宅】

  • 資料請求
  • 来場予約

小林住宅の「外断熱工法」に関するQ&A

換気システムについて

基礎に換気口がありませんが、床下はジメジメしませんか?

強制的に換気されているので大丈夫です。

当社の「外断熱工法」は屋根裏から床下まで家全体をすっぽりと断熱することを基本コンセプトにしております。そのため床断熱(1階の床の裏側に断熱材を張る方法)ではなく、基礎断熱により基礎自体を断熱し、床下空間は室内と同じく計画換気(室内より空気を送り込み、床下で排気する)を行い、足元から環境を整えております。したがって自然通気をする換気口は必要ありません。

床下換気口がないことで床下が外気の影響を全く受けず、また土問コンクリートが蓄熱体として作用するために冬場も床下が冷たくなりません。このため、床下環境は室内環境に近づき、1年を通して比較的乾燥した状態が保たれ、温度のコントロールも可能になります。だから床下も室内に近い状態で使えるのです。

そもそも床下換気口は、床下の湿気を排除するためのものですが、実際には湿気の進入や暖気・冷気・虫などの進入も許すことになります。気密住宅に床下換気口を設けると、湿気の排除はおこなえても床下が外部環境となるため従来型の住宅同様エネルギーロスが生じてしまうのです。

また、湿気は湿度が高いところから低いところへと自然透過します。そのため基礎のコンクリートから発生する床下の湿気は、ややもすれば過乾燥気味の室内へと自然に抜けて行きますし、当社の「外断熱工法」では床下排気を計画的に行っているので、床下に発生した湿気は外部へと自動的に放出されますので、床下がジメジメするといった心配はございません。

屋根裏から床下まで有効活用!活用事例を見る

外断熱工法「Kurumu」についての質問・お問合せ

外断熱工法で出来た家だと、どんな生活が出来るのか?普通の家にないメリットとは?
そもそも外断熱住宅って何?という疑問に、分かりやすくお答えいたします!お気軽にご質問ください。
質問・お問合せを送る

×

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容
この内容をHPに掲載してもよろしいですか?

関西の注文住宅・外断熱の家は小林住宅。 | 関西の注文住宅・鉄骨住宅・木造住宅・外断熱の家「Kurumu(来夢/クルム)」の小林住宅
COPYRIGHT c KOBAYASHIJUTAKU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.