関西 外断熱住宅 供給実績No.1!※ | 毎日快適な外断熱の家【小林住宅】

  • 資料請求
  • 来場予約

小林住宅の「外断熱工法」に関するQ&A

断熱性能について

外張り断熱(外断熱)と充填断熱(内断熱)とでは、
どちらが良い工法といえますか?

どちらにも、メリットとデメリットがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるため、どちらの工法を採るのが良いかは、建築する条件や目的によって違ってくるかと思います。あえて比較するならば、充填断熱と外張り断熱との決定的な違いは、その施工性と確実性ではないでしょうか。

充填断熱工法は、柱と柱の聞に断熱材を入れる工法ですから、柱や梁といった、断熱材を入れられない(もしくは入れにくい)部分(建物全体の約20%をしめる)が存在し、これが熱橋(ヒートブリッジ)となって断熱性能を落としてしまう可能性があります。また、柱などによって断熱材がさえぎられるため、どうしても端部がきちんと施工できずに隙間ができ、この部分が熱的な欠陥になりやすいのです。この熱的に弱い部分に、壁内結露などが集中して発生する恐れがあるというリスクがあります。

また、住宅内部には天井や梁、間仕切り壁などがあり、室内側から防湿バリアーを完全に施工するのは、熟練した技術者が入念に行っても、完全には出来ない場合があります。その上、せっかく大工さんが施工した防湿バリアーを電気屋さんなどが破いてコンセントの穴やエアコン配管の穴などを開けていくわけですから、その後の処理を含め、確実な施工を管理していくだけでも大変なことです。実際に、ずさんな施工が成されている現場を多く見かけるというのが現実です。

その点、外張り断熱工法は、断熱材に切れ目が生じにくく、湿気を通さない断熱材で外壁面を覆うため壁内に結露が発生しにくく、より安心できる工法といえるのではないでしょうか。

後々のメンテナンスなどのことを考慮し、建物の耐久性や保温性にもこだわり、当社は「本格・外断熱工法」を採用しているのです。

小林住宅の外断熱工法について、もっと見る

外断熱工法「Kurumu」についての質問・お問合せ

外断熱工法で出来た家だと、どんな生活が出来るのか?普通の家にないメリットとは?
そもそも外断熱住宅って何?という疑問に、分かりやすくお答えいたします!お気軽にご質問ください。
質問・お問合せを送る

×

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容
この内容をHPに掲載してもよろしいですか?

関西の注文住宅・外断熱の家は小林住宅。 | 関西の注文住宅・鉄骨住宅・木造住宅・外断熱の家「Kurumu(来夢/クルム)」の小林住宅
COPYRIGHT c KOBAYASHIJUTAKU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.